中学受験対策

算数と数学の違いをわかりやすく説明!

小学生の時に学ぶ算数と、

中学以降に学ぶ数学の違いはなんでしょうか?

定義をわかりやすくまとめてみました。

【チコちゃんにられる】でも紹介されてました!
ぷちQ&A

・なぜ数学を勉強するのか/チコちゃん→論理的な思考が身につくから

・算数の特徴は?→基本的な計算方法図形の面積や体積の意味や求め方を学ぶ教科

・算数の目的は?→日常生活で必要となる計算で正確な答えを出すことが目的

・なんのために算数を学ぶのか?→論理的な思考が身につくから

【定義】数学とは簡単に

数学とは

量、構造、空間、そして変化の研究

Wikipediaをみると

数・量・図形などに関する学問である。

数学は形式科学に分類され、自然科学とは区別される。

と、定義されています。

数学はイメージできない抽象的なものを扱います。

例えば、

ー3虚数などの実生活では見えなかったり

想像するのが困難な内容を扱います。

【定義】算数とは

算数

日本の小学校における教科の一つ

算数は、

国ごとに教える内容や教え方、教科書のあり方などに相違点があります。

日本の小学校の算数は

「日常の事象について見通しをもち筋道を立てて考え,表現する能力を育てる」

ことが目指された学問です。

目指からもわかるように、

算数とはイメージしやすく具体的なものを取り扱います。

例えば、

100円のリンゴを1つ80円のなし8つを

買うととぜんぶでいくら?

といった感じで実生活の中で想像するのが用意な内容を扱います。

算数から数学に変わる理由

小学校の算数から中学校は数学にかわる理由は、

算数の基礎を活用し

応用力が必要となる

表現能力や処理能力の向上をあげるために変わります。

より専門的に数学を活用して考えたり判断できるように

中学では学びます。

算数できないのに数学できる!

算数ができないのに数学ができる人がいます。

なぜできるのかというと、

【方程式に当てはめればある程度解けてしまうから】

ということで、

小学校のような具体的な図形や量など

センスや直観で解くような問題が苦手な人は、

考え方や解き方、方程式が重要視される数学だと

解きやすいそうです。

算数と数学はどちらが難しい?

算数と数学どちらが難しいのかというと、

人それぞれなようです。

計算が得意な人だと算数の方がカンタンで、

抽象的なものを論理的に考えるのが得意な人は

数学がカンタンだと感じるようです。

どちらも難しく感じる人もいますよね。

算数と数学は別の分野ともいえるので

比べることはできないのかもしれません。

中学受験での算数と数学の違い

中学受験は小学校で学ぶ6年間の内容のほかにも

学校では習わない応用問題が数多く出題されます。

算数の能力が必要になる問題が多いです。

中には中学の数学基礎まで学んで受験するお子さんもいるほど

算数のレベルが高いのです。

それだけ高い算数の能力を求めています。

ただ、中学受験の問題は数学の知識がないと解けないのかといったら

そうではありません。

算数の知識で解けます。ただ、学校では習わない

鶴亀算、インド式暗算術、虫食い算、相当算、仕事算、和差算、分配算、旅人算などなどの知識が必要になります。

なので、塾へ通う必要があると言われています。

タブレット型通信教育【RISU算数】なら、

自宅で親なしに中学受験に必要な知識を全て学ぶことができます。

算数・数学の系統図はある?

算数と数学の統計図がありました。

出版社のものです。

小学生の算数が中学や高校の数学にどうつながっていくのか、

先を知ると学ぶときの参考になりますし、

なぜ学ぶ必要があるのかもわかるので

勉強するときに挫折しにくいかもしれませんね。

算数はほかの教科と違って

小学1年からの知識の積み重ねでカリキュラムが組まれています。

よって、

統計図を知っていれば親が子共に

先を見越して教えることができるので

より効率的に学ぶことも可能ですね!

Index