RISU算数

先取り学習のその後!禁止で意味がないのかデメリットをチェック!

先取り学習や

無学年学習が流行っていますね。

しかし中には

【やめてくれ】【意味がない】

という意見もあります。

禁止している学校もあるようです。

 

我が家は

無学年制の通信教育教材を活用し、

幼児の頃から先取り学習をしているので

体験談も合わせて

先取り学習のその後とホンネをまとめました。

 

この記事でわかること

先取り学習した子供のその後は?

先取り学習のデメリットはなに?

数学の先取りのメリットはなに?

先取り学習のやり方は大丈夫?

本当は教えたくないんだけど……

教材が良すぎて

算数嫌いな娘も

好きになって成績アップ!

塾に行くより安くて

送迎もないから

親はめっちゃラクできる

けしからん教材なので

他言でお願いします……

お試ししたい人は

1週間お試し限定企画に

コッソリとご招待します!

RISU算数限定企画はこちら

RISUきっずの限定企画はこちら

先取り学習は幼児・中学・高校・大学受験ではどうなの?

 

先取り学習をすることは

効果的なのでしょうか?

幼児の場合

・学習に自信がつく

・学ぶことが楽しくなる

中学校の場合

学校の授業についていきやすくなる

高校・大学受験の場合

・大学受験を見据えて

時間に余裕を持った学習計画を立てることができる

 

先取り学習の効果はそれぞれの段階で

あるようです。

しかし大切なのは、

先にすすむことばかりに集中してしまうのではなく

ひとつひとつの単元をきちんとおさえていく

ことが大切です。

先取り学習は意味ない?(幼児/中学/高校/大学受験)

先取り学習は意味のない行為ではありません。

ただし、

方法を間違えず目的を忘れなければ

先取り学習は有効だと思います。

正しい方法

・自分にあった参考書を活用する

・得意不得意関わらず、まんべんなく取り組む

・ただ詰め込むだけでなくひとつひとつ理解していく

そうはいっても

先取り学習にはデメリットもあります。

小学生の先取り学習で弊害は?

先取り学習を行うことで

弊害も出てきます。

特に強く出るのが小学生です。

先取り学習の弊害

・学校の授業を聞かない

・自分の実力を過信してしまう

・できて当たり前になり間違えることに消極的になる

特に小学生だと、

先生より先に解き方や答えを発言してしまい

授業の妨害をしてしまったり、

自分の学習能力を過信してしまい

授業をおろそかにしてしまったりします。

 

それがなければ、

先取り学習はメリットもあります。

メリット

・学習に自信がもてる

・余裕をもって学習を取り組める

・学ぶことに対して視野が広がる

・積極的になれる

先取り学習のその後

我が家では現在【RISU算数】を使って

小学生の算数の先取り学習をしています。

先取り学習をした結果は、

デメリット

・授業中に回答を言ってしまい先生に怒られる

・学校で教えている解き方でなく自分なりの解き方をしたら

先生に怒られる

 

メリット

・算数が好きになった

・苦手部分克服に時間をかけることができる

・算数の成績が上がった

・勉強に自信がついた

メリットは沢山あります。

デメリットは、ほとんどありません。

これは【RISU算数】を活用して

効率よく先取り学習をしているからだと思います。

親はほとんどノータッチです。

先取り学習のやり方は?

先取り学習のやり方は、

・塾に通う

・参考書を購入する

・無学年制の通信教育教材を活用する

・親が問題集を活用して教える

という方法があります。

我が家の場合は通信教材を活用しています。

塾だと、

送迎する手間や通う時間の確保が必要になります。

他にも

料金高いし塾請講師との相性問題もあります。

なので辞めました。

 

参考書は、

沢山あり過ぎてどれがいいのか

わかりません。

また、

小学校のうちは文章の理解力も乏しいので

結局親がついて教えることになります。

親が教えると子供が反発することもあるので

時々けんかになります。

 

その点、通信教材だと、

自分のペースで動画解説を見ながら進めるので

親もほぼノータッチですし、

子供も好きな時間にリラックスしながら

他の習い事の合間に取り組むことができます。

小学生の先取り学習教材はドリルとタブレットや塾どっちがいい?

小学生の先取り学習は、

ドリルでもいいと思いますし、

タブレット教材でもいいと思います。

お子さんそれぞれ

取り組みやすい方法が一番だと思います。

書いて覚えるのが知識の定着には効果があるとも

言われていますので、

漢字の書き取りなどはドリルの方がいいと思います。

タブレット教材だと、

解説が動画で送られるので

ドリルのような文章と図で説明されている

ものよりは各段に理解しやすいです。

先取り学習はどこまでやる?

先取り学習の範囲ですが、

2・3年先の学習まで先取りすると

忘れてしまう場合もあるかと思います。

なので、

早くても1年前くらいの方が

学校の授業の進み具合を考えると

いいいのかもしれません。

高校の場合は、

全ての範囲を学校の授業時間内で

終えないこともあります。

そうなると、

大学受験を視野にいれた場合

先取り学習をしていないと

余裕を持って

大学受験の勉強を勧めることができなくなります。

小学生の先取り学習おすすめ教材

先取り学習でおすすめなのは、

通信教材のRISU算数です。

おすすめポイント

・解説動画があるから子供が一人で進めれる

・つまずき部分や苦手な部分をとりこぼさない

・つるかめ算などの塾でしか学べない内容もある!

・自分のペースですきな時間に取り組める

学習塾に通うとなると、

お金もかかるし送迎の労力や

子供の時間もかかります。

しかし、

通信教材なら空き時間で取り組めて

価格も抑えることができます。

 

また、

独学でドリルを使って先取り学習すると、

親が教えたりするなど

サポートが必要です。

RISU算数なら、解説動画があるので

親が教えなくても大丈夫です。

 

また、RISU算数は

AIが搭載されており、

回答のデータから個別の学習能力に

合わせた問題を配信してくれます。

また、

苦手やつまずき部分は理解するまで、克服するまで

繰り返し配信してくれます。

 

なので、

独学でよくある

好きな部分しかやらない

苦手な部分はずっと苦手

ということにはなりません。

 

本当は教えたくないんだけど……

教材が良すぎて

算数嫌いな娘も

好きになって成績アップ!

塾に行くより安くて

送迎もないから

親はめっちゃラクできる

けしからん教材なので

他言でお願いします……

お試ししたい人は

1週間お試し限定企画に

コッソリとご招待します!

RISU算数限定企画はこちら

RISUきっずの限定企画はこちら