RISU算数

小学生の算数を総復習!大事なことや方法はある?

小学生の算数で

こんなお悩みありませんか?

・算数でわからないところがある

・つまずきをそのままにして中学進学するのは不安

・復習をさせたいのに子供が嫌がる

・習った内容や復習した問題を忘れてしまう

・復習をするときに大事なことはあるの?

・算数の復習で効率的な方法は?

・復習はプリントではできない?

我が家の子共達も

小学生算数のつまずきを克服するために

市販の問題集のドリルや

書籍を参考に克服に努めてきました。

 

しかし、

どれも克服にはつながりませんでした。

しかし、

RISU算数をはじめたら克服に繋がりました。

 

今回は、

通信教材【RISU算数】に秘めた

効果的かつ効率的な復習方法が凄すぎたので

紹介します。

 

RISU算数で克服できた!

・つまずいているところが子供にも理解できた

・算数嫌いが好きな教科になった

・苦手問題が克服できた

・安心して中学に進学できる

算数に復習の仕方があるってホント?

算数を復習する効果的な方法があります。

1・学んだ内容を時間を空けずに復習する

2・復習した内容でつまずいた部分を3日後に再度復習する

3・苦手な部分やつまずき部分は少しでも多く複数回取り組む

 

まずは、学んだ内容の全体をその日のうちに復習します。

教科書を読んだり、問題集を問いたりします。

その中で、わからないところやつまずいた部分、

苦手だと感じる部分をピックアップします。

 

ピックアップできたのなら、

今度は時間を空けます。

3日くらいがいいと言われています。

十分な期間を空けたところで、今度は

ピックアップした箇所を復習します。

それで理解できたり、

苦手が克服できないのであれば、

今度は期間を空けずに少しでも多くの日数をかけて

繰り返し復習していきます。

 

・一度間違えた同じ問題を再び解いて克服しようとする

・できない理由を特定せずにできない部分を繰り返し復習する

・テストの点数や成績だけで算数の能力を判断する

などの

間違った勉強方法をしては身に付きません。

【あわせて読みたい】

算数の効果的な学習方法

算数の復習で5・6年はおそい?

算数でつまずきだすのは、

小学1年生からだと

言われています。

大まかにつまずいたり苦手だと感じる部分は、

・数字の位や単位

・時計

・文章問題

・図形

がおおまかにあります。

高学年であったとしても、

つまずいた部分が低学年の頃の内容ならば、

復習するのに遅いということもありません。

むしろ、

中学になった時に小学生の内容を復習するのは

大変です。

なので、復習する必要性を感じたら

気にせず取り組むことをおすすめします。

高学年で低学年の内容を復習するのは

子供のプライドが傷つきます。

この方法なら子供が進んで復習してくれますよ!

中学生で算数の総復習はつらい

中学生になってから算数の総復習をするとなると

膨大な量で大変です。

なので、中学生に上がる前の段階で

算数の復習をすることをおすすめします。

また、算数の中でも得意な部分や理解している部分を

復習してもしょうがないので、

復習するなら

苦手な部分やつまずき部分だけでも大丈夫です。

小学四年生の算数でつまずき!プリントは効果ある?

算数のつまずき部分を克服するために

復習ドリルやプリントを活用される家庭が

多いのではないでしょうか?

また、学習塾へ通うご家庭もあると思います。

しかし、

その方法は効果的ではありません。

 

理由は、

学校と教え方が同じだから

です。

特に図形などの理解は、

教科書やプリントで理解を深めるには

限度があります。

 

また、

学校と同じ教え方で理解できないから

つまずいていたり、

苦手な部分ができてしまうのです。

また自宅で教えると

ついつい親が口出しをしてしまい

喧嘩になりますよね。

どうしてこんな問題もわからないの?

その解き方が違うって説明してるじゃない?

などと親が余計な言葉をかけてしまいます。

 

そこでおすすめなのがRISU算数です。

RISU算数のおすすめポイント

・つまずきや苦手部分を見つけてくれる

・正しい方法で教えてくれる(動画解説)

・個人のレベルにあった問題を配信してくれる

・数学の基礎まで教えてくれる

・親が見守る環境をつくれる

高い受講料を払って学習塾に通わなくても

確実に克服できるしくみが備わっています。

そうはいっても無料でお金をかけずに復習したいという人には

ちびむすドリルがおすすめです。

 

算数の復習サイトはちびむすドリル!

ちびむすドリルは、無料の会員登録を

すると、

全教科の小学生向けドリルを

無償で提供しています。

 

しかし、注意が必要です。

・親は口を挟まず見守る

・子供に無理やりやらせない

・解き方がわからなければ親が教えてあげる

・子供のつまずき部分や苦手な部分を正確に判断する

無料で教えるには、

親の時間と労力を学習時間に割かなければなりません。

兄弟がいたり、

共働き家庭で忙しいと、

なかなかゆっくりじっくりと関わってあげるのが

難しいのではないでしょうか?

小学生の復習問題でRISU算数を活用しよう!

個人的におすすめなのが、

通信教材の【RISU算数】です。

算数の復習は、

子供のやる気をあげることが難しい科目です。

その点を踏まえて

RISU算数では学習をキッチリ定着させるための

「2つの復習ポイント」

を取り入れています。

・忘れてしまいがちなタイミングでの復習(※忘却曲線)
・間違いが多かった問題の復習

RISU算数では、

忘却曲線という科学的根拠に基づいた

ベストなタイミングで

復習問題を配信してくれます。

 

また、間違いが多かった問題を

優先的に何度も配信してくれます。

なので、

わからない状態で学習内容が進んでいくことはありません。

できるまで、

小学校6年生であろうとも

小学4年の内容のままです。

RISU算数のすごいところ

– RISUなら総ざらいしなくても効率よく復習できる!
– 復習問題はポイントがもらえてお子様のやる気もアップ
– 忘却曲線に沿って、適切なタイミングで復習可能

 

我が家の子共はRISU算数を取り組んだ結果、

  • 長女は成績がアップ!
  • 次女はつまずき部分を誤魔化すことができないので実学年下の内容をひとつひとつをクリアしている。
  • 三女は先取り学習で算数が得意で自身がついた

という素敵な結果になっています。

本当は教えたくないんだけど……

教材が良すぎて

算数嫌いな娘も

好きになって成績アップ!

塾に行くより安くて

送迎もないから

親はめっちゃラクできる

けしからん教材なので

他言でお願いします……

お試ししたい人は

1週間お試し限定企画に

コッソリとご招待します!

RISU算数限定企画はこちら

RISUきっずの限定企画はこちら

小学校の算数復習を大人が小学生と一緒に!

RISU算数には

中学受験に出題された問題や、

算数オリンピックに出題された内容など

難易度の高い問題も

【チャレンジ問題】

という形で紹介されています。

これがとてもたのしくて、

私は子供と一緒に解いて遊んでいます。

算数の内容で解ける問題なので

算数が苦手な親でも謎解き感覚で

取り組めるので

算数の楽しさを子どもと体感できますよ!

おすすめ書籍の紹介

算数の復習をするときに

おすすめな

書籍をご紹介します。

【理系が得意な子の育て方】

子供も親も読んで目からウロコの内容が

目白押しです。

ページの後ろの方には

算数力をチェックする問題も盛り込まれているので、

子供の算数に対する学力を

正しく把握できますよ!!

【小学生の総復習が7日間でできる本】

こちらの書籍はタイトルの通り

約1週間で総復習が可能になっている人気作品です。

小学生の段階で理解していなければならない

内容がぎゅっとつまっています。

小学校6年間の算数がマンガでざっと学べる】

子供に算数を教えるときに注意する内容が

漫画で分かりやすく説明されています。

私の時代には強要されなかった【さくらんぼ計算】など

親の時代と子供の時代の学習内容を

すり合わせることができます。

子供がじぶんで読んで理解することもできるので

おすすめです!