塾と通信教育の違い

小学生の通信教育(紙教材)受講料が安いランキング

小学生向けの

紙の教材を提供している

通信教材・プリントのみを

まとめて安い順にランキングをつけました!

紙教材の効果やデメリットなどの情報は

こちらにまとめてあります。

小学生の通信教材(紙の教材)一覧

通信教材一覧

・進研ゼミチャレンジ

・Z会

・ポピー

・名探偵コナンゼミ

・ぶんぶんどりむ

・東進オンライン学校

・ちびむすドリル

・ワンダーラボ

・ぶんぶんどりむは、

作文に特化した通信教材です。

・東進オンライン学校は、

オンライン授業と紙の教材を合わせて

学習します。

・ちびむすドリルは、

公式サイトからダウンロードして

利用します。

・ワンダーボックスは、

紙の教材とアプリを利用します。

工作やゲームが中心です。

 

紙の教材それぞれの特徴などは

こちらの記事を参考にしてください。

小学生の通信教材(紙の教材)安いランキング

安いランキング

1位:ちびむすドリル・印刷代のみ

2位:ぶんぶんどりむ・4950円~5445円

3位:東進オンライン学校・2270円~3420円

4位:ポピー・2500円~3800円

5位:コナンゼミ・2.420円~4.620円

6位:ワンダーラボ・4200円

7位:チャレンジ・3930円~6540円

8位:Z会・4840円~8250円

一番安い通信教材は、

ちびむすドリルです。

無料で会員登録すると

タダで問題を印刷することができます。

また、

一番高額なのがZ会でした。

Z会には問題のレベル別で追加料金がかかったり、

基本教科の他にも

未来ワークや思考表現力など

様々な教材があるため高額になります。

小学生の通信教材は効果なし?

通信教材か、学習塾に通うかで

迷うと思います。

ただ、

塾よりも安いから通信教育を選択した場合は、

子供の成績は伸びません。

そのことから、

通信教材は意味がない

通信教材は効果がない

と言われるのです。

しかし、正しく選択することができたら

効果はあります。

その選択方法はこちらの記事に

まとめました。

まとめ

小学生の通信教育(紙教材)で

受講料が安いランキングをまとめました。

結果、

ちびむすドリルが一番安く利用できます。

公式サイトに掲載されている問題はタダで利用できます。

料金がかかるのは

印刷代だけなのでかなりお得になっています。

通信教育の髪の教材で一番高額なのは、

Z会でした。

しかし、値段が高額なだけあって

有名な私立中学に合格された愛用者が

多数おられます。

なので、効果は高い教材だと思います。