塾と通信教育の違い

通信教育は紙とタブレット学習どっち?メリットやデメリット

通信教材は

紙の教材とタブレット教材があります。

一体、

どちらが勉強するには適しているのか

体験談と

メリットやデメリットを合わせてまとめました。

この記事でわかること

タブレット教材か紙の教材かどちらを選べばいいのか

迷っている人の参考になります。

子供にあった教材を選ぶことで

満足した学習環境と結果を得ることができます。

タブレットと紙どっちがいいのか

通信教材は紙媒体とタブレット媒体があります。

選択するときに迷いますよね?

そこで、

どちらがいいのか調べてみました。

どちらがいいのか結論!

子供の学習に対する取り組み方や

親が目指している目的によって違う

それぞれの媒体はよいところがあります。

娘たちは紙を使用して

タブレットも使用しました。

その結果、

タブレット教材に軍配があがりました。

三姉妹がタブレット教材を選んだ理由

・場所問わず車の中でも利用できる

・スイッチひとつで学習がスタートできる

・ゲーム感覚で明らかに取り組む頻度が増えた

・説明動画も配信されるから理解しやすく

講師との距離も近く感じる

・教材が邪魔にならない

ということで、

それぞれの特徴やおすすめポイントを

みていきましょう♪

本当は教えたくないんだけど……

教材が良すぎて

算数嫌いな娘も

好きになって成績アップ!

 

塾に行くより安くて

送迎もないから

親はめっちゃラクできる

けしからん教材なので

他言でお願いします……

試ししたい人は

1週間お試し限定企画に

コッソリとご招待します!

RISU算数限定企画はこちら

RISUきっずの限定企画はこちら

タブレット教材のメリットとデメリット

メリット

・WIFI環境がある場所ならどこでもできる

・必要なものはタブレット端末だけ!

・文章や図だけでなく動画解説もあって解りやすい

・学習管理がカンタンで便利!

・ゲーム感覚で取りくめる

 

デメリット

・メモが取りずらい

・文字を書くことが減る

・目が悪くなる

・学習する時の姿勢が悪くなる

 

タブレット端末は便利で必要なものも少なく

邪魔になりません。

また、スイッチ入れるとスタートするので

机に向かって教材を広げてーという手間がない分

取り組むハードルが低いです。

 

しかし、

書くことから遠ざかっていくことや

だらだらした姿勢で取り組めるので

大人がスマホで調べものをしているような

感覚になります。

紙教材のメリットとデメリット

メリット

・教材の種類が豊富

・書きとりの練習もできる

・学習の姿勢が定着する

・学習内容の記憶が残りやすい

・学校と同じ環境をつくることができる

・集中できる環境をつくりやすい

デメリット

・教材がたまると邪魔になる

・ゲーム感覚がなくなるので面白くない

・学習をはじめるのにハードルが高い

紙の教材は学習する環境には適しています。

勉強をする姿勢がしっかりと定着します。

しかし、

気が乗らない時には勉強の準備に時間がかかるので

スタートするのにハードルが上がります。

また、教材が多いので置き場所をとります。

 

紙とタブレットそれぞれの

メリットとデメリットをまとめました。

でも、

うちの子に合った教材はどれ??って思いますよね?

一番いいのは両方使って検討するのがいいですが、

手続きが面倒です。

そこで、

タブレット教材か紙どちらががいているのか

それどれおすめするお子さんの特徴について

まとめてみました!!

タブレット教材がおすすめな子共の特徴

どんな子供におすすめ?

・落ち着きがない子供

・ゲームが好きな子共

・机に座る習慣のない子共

・勉強が好きでない子供

・習い事で忙しい子供

・学習管理が自分でできない子供

・文字と図だけでは理解しにくい子供

勉強の楽しさを知り、

毎日数分でも学習するという

習慣をつけたい場合には

タブレット教材がおすすめです。

 

タブレット教材は

ゲーム感覚でいつでもどこでも

ぽちっとスイッチさえ入れれば

学習することができます。

また、

動画解説がついているので

文字や図だけでは

理解しにくいお子さんにも向いています。

オンラインで全国の子共と繋がる楽しさもありますよ!

紙教材がおすすめな子共の特徴

どんな子供におすすめ?

・机に向かって学校と同じスタイルでないと落ち着かない子供

・メモや書くことを好む子供

・視覚が弱い子供(デジタルを見ていると目がすぐに疲れる)

・勉強が好きな子共

・まる付けを自分でしたがる子供

紙の教材が向いている子供は、

もうすでに学習と言えば

紙とえんぴつ!というような習慣がついている子供に

おすすめです。

デジタルだとやり遂げた感がうすいですが、

紙だとこなした量が目に見えます。

教材は子供に合っている?チェックポイント

重要なのは、

子供が教材に取り組んでくれて

学習能力が向上することです。

チェックポイント

・手についていない教材が溜まっていないか

・成績が変わらないもしくは下がっていないか

・取り組む時間が5分以下になっていないか

 

体験談や口コミ

通信教材はタブレット教材がいいか

紙の教材がいいのか

利用した人の口コミやレビューをみてみましょう。

 

我が家の場合は、

紙教材は、

ポピーとワンダーラボを

利用しました。

タブレット教材は、

RISU算数と進研ゼミのチャレンジタッチを

利用しました。

紙の教材は勉強している感があるので

子供はこのみませんでした。

遊び要素が多めの教材だと長続きします。

紙に限っては、

通信教材ではなく

本屋さんで販売されているような

キャラクターものの問題集はこなします。

 

ということで、勉強で楽しみを見出し

成績が上がったのはタブレット教材でした。