塾と通信教育の違い

小学生で塾へ行かない割合は?必要なのか検証!

日本の小学生が

塾に通う割合は

年々増えていると言われています。

 

小学生になったけど、

いつから塾に通わせようかと

悩む親御さんもいらっしゃると思います。

いざ塾に通おうと思っても、

小学校低学年から塾へ通いたいけど

高学年や中学年から

しかなかったりします。

 

そもそも

小学生にとって塾は必要なのでしょうか?

塾のデメリットを踏まえて

学力の定着を最適化してくれる

苦手な分野を残さないような

費用も塾より安くて

素敵な方法をまとめました。

この記事でわかること

・塾へ行かない子供の割合

・学習にかけている金額

・塾のデメリット

・安くて学力を上げる方法

小学生は塾にいつから通うの?

小学生の頃から塾に通う時期で一番多いのは、

小学3年生

ダントツです。

 

しかも時期は2月!

小学3年生の終わり頃でした。

多くの小学生が小学校3年生2月から

受験に通い始めるということは、

それが最も合格する可能性が高まるから、

と考えられます。

参考:https://jyukumado.jp/column/8

塾と言っても、

受験するために塾へ通うようです。

 

次に多いのが小学5年生ですが、

小学3年生の頃から

塾へ通っている子供の方が

中学受験の合格率は

高い傾向にあります。

ということから、

小学3年生から通う子供が多いのです。

塾へ通う子の理由

・学校の授業についていけない

・学力の定着のため

・学習が好きな小学生

・幼児教育から通っているから

学研教室や公文のような

幼児期から通ってて、

その流れで通っているという

子どももいます。

塾を利用している小学生の割合

小学生で塾や通信教育や家庭教師などを利用している小学生は

全体の50%前後です。

内訳としては、

マイナビニュースの調査結果によると、

学習塾・進学塾(自習型学習塾や通信教育・家庭教師などは除く

に通っている小学生の割合は、

24.3%です。

(2021年マイナビニュースより)

文部省の平成30年の調査結果によると、

学習費用をかけている子供ののうち

小学生で家庭教師(通信教育)を

利用している割合は30%とありました。

(平成30年文部省調査より)

その他は、

学習を定着させるために塾に通っているようです。

小学生の塾費用はいくらかかる?

小学生の塾費用は、

私立と公立で大きな差があります。

文部省の平成30年度の

学習費の中でも補修学習の費用(受験用ではない)

をみてみると、

家庭教師費用<家庭内学習費用<学習塾

の順番で費用が大きくなっています。

補修目的の学習費用の1年間の平均

公立小学校:約5万3千円

私立小学校:約25万3千円

参考:https://www.mext.go.jp

 

補修目的の学習費用の1年間の最大

公立小学校:約9万6千円(6年生)

私立小学校:約49万円(6年生)

参考:https://www.mext.go.jp

 

学習塾(受験用)費用の平均

公立小学校:約13万6千円,

私立小学校:約33万7千円,

参考:https://www.mext.go.jp

 

学習塾(受験用)費用の最大

公立小学校:20万円前後(6年生)

私立小学校:40万円以上(6年生)

参考:https://www.mext.go.jp

家庭教師(通信教育)を利用されている家庭の平均金額

私立小学校:約2万5千円

公立小学校:約4万5千円

参考:https://www.mext.go.jp

 

という結果でした。

本当は教えたくないんだけど……

教材が良すぎて

算数嫌いな娘も

好きになって成績アップ!

 

塾に行くより安くて

送迎もないから

親はめっちゃラクできる

けしからん教材なので

他言でお願いします……

 

お試ししたい人は

1週間お試し限定企画に

コッソリとご招待します!

RISU算数限定企画はこちら

RISUきっずの限定企画はこちら

 

RISU算数について知りたい人はこちら!

RISU算数をお試ししたい人はこちら!

小学校の塾の相場は?

小学校の塾の相場は、

定着させるために通う塾と

中学受験のための塾では

内容と金額に違いがあります。

 

名門私立に受験するための塾費用

・小学4年生・5年生:40万円~70万円

・小学6年生:90万~120万円

 

学習内容の定着を目的とした塾

・学年問わず年間で10万円~20万円

(夏期講習・冬期講習含まず)

 

小学生が塾へ通うデメリットは?

デメリット

・友達と遊ぶ時間が減る→コミュニケーション能力の低下

・学校の授業を聞かなくなる→授業態度の悪化

・勉強ばかりで疲れる→勉強することが嫌いになる

・親の負担が増える→真面目に勉強しないとイライラする

親が熱心になるほど

子供の意志やプライベートな時間を

犠牲にしてしまう可能性があります。

また、

親にも金銭的にも時間的にも負担となります。

子どもにも親にも負担がかからないようにしたいですね。

小学生に塾は必要?塾に行ってない人の理由

そもそも、小学生にとって

塾は必要なのでしょうか?

塾に行っていない人の理由

・偏差値が比較的高い中学受験はいかないから

・子供の地頭がいい家庭学習のみでも好成績

・小学生の頃は自由な時間を与えたい

・他の習い事(スポーツや芸術)の力を伸ばしたいから

・経済的な理由

高校受験でトップ校を目指すためなら

塾通いは必須だとも言えます。

なぜならば、学校で教わることのない問題も

試験で出題されるからです。

他にも、どうしても学校の授業についていけない場合

にも塾はいいかもしれません。

学力の定着が重要!特に算数は取りこぼすとアウト!

塾に通うお子さんも

通わないお子さんも

小学生全般において大切なのは、

学力の定着化です、

小学校でもそのために反復練習をしますし、

宿題を毎日出題します。

学力の定着が重要な理由

授業を受けっぱなしで、

学力がつかないのは、

手を使ってする「定着」が

抜けていることが多いから

 

学習したことがちゃんと

脳に定着することによって

基礎学力が上がります。

・授業を受けただけ

・塾へ通っているだけ

では学力は向上しません。

塾へ通っても成績は上がらない理由

塾へ通っているだけでは成績はあがりません。

学習が定着するまで

繰り返し学習し、

本当の意味での理解につながる必要があります。

苦手を残さない学習方法が大切

特に算数は、

小学校1年生の足し算から

2年生の掛け算割り算などと言った

基礎学力が積み重なってカリキュラムが組まれています。

 

なので、

算数が苦手な子は学年が上がるにつれて

もっと算数が苦手になり、

いつも何となく授業を聞いて分かったつもりになっていると

急に難しくなる小学4年生の頃から

算数につまずきだすというケースがあります。

さらに中学に上がると小学校の応用的な問題になり

より出題される問題が抽象化していって

高校の数学にもつながっていきます。

よって、新しい知識を詰め込むだけでなく

苦手を克服する必要もあります。

RISU算数がおすすめな理由

RISU算数という通信教育をご存知でしょうか?

なんと、この通信教育は、

算数オリンピック対策やサピックス、

中学受験を目指している方も愛用されています。

おすすめする対象

・数学基礎コースがある

・算数オリンピックの問題も出題される

・中学受験の問題も出題される

・先取り学習が可能

・通信教育なのですきま時間に利用可能

・価格は塾より安い

・使用した分のみの請求だから親もガミガミ言わずに住む

・AIが個人のレベルに合わせて問題が配信される→個別塾のよう

・サポーターが現役東大生や早稲田大学出身のレベルの高い講師

・ミスの多かった問題もこっそり混ぜて配信してくれる

 

本当は教えたくないんだけど……

教材が良すぎて

算数嫌いな娘も

好きになって成績アップ!

 

塾に行くより安くて

送迎もないから

親はめっちゃラクできる

けしからん教材なので

他言でお願いします……

 

お試ししたい人は

1週間お試し限定企画に

コッソリとご招待します!

RISU算数限定企画はこちら

RISUきっずの限定企画はこちら

 

・RISU算数について知りたい人はこちら!

・RISU算数をお試ししたい人はこちら!

まとめ

小学生で塾へ通っているのは

約50%です。

必ずしも塾通いが必要というわけではありません。

子どもさん個人の将来や希望などを考慮して

選択するのがいいと思います。

しかし、民んが塾に通っていると聞くと

うちの子も通わなくちゃヤバいのかな?なんて思いますよね?

そこでオススメなのが算数に特化したタブレット教材の

RISU算数です。

学力定着に最適化されたシステムで

学力の向上を期待できるほか

苦手を残さないRISU独自のシステムで

まるで個人塾に通っているかのよな通信教育です。

 

塾に通うのは経済的にも時間的ににも負担だけど、

子どもの将来の事を考えて

できるだけ力になってあげたい

という親御さんにはぴったりなんじゃないかと思います。