スポーツ

木下雄介投手の死因は?ワクチンとの関係や持病は?

 

野球選手の

木下雄介(きのした・ゆうすけ)投手が

亡くなったと報道されてましたね。

意識不明の重体のだったようですが、

死因はなんでしょうかね?

気になるので調べてみました。

 

木下雄介投手が意識不明に??

 

中日の木下雄介(きのした・ゆうすけ)投手が

7月6日にナゴヤ球場行っていた練習中に

息苦しさを訴えて倒れたそうです。

 

その後市内の病院へ救急搬送されたそうです。

病院へ運ばれた後、

先に心臓周辺に問題が発生し、

その影響が脳に及んで人工呼吸器を外すこともできない

重篤な状態に陥ったそうです。

意識不明状態が続き8月3日に亡くなったそうです。

 

一体何があったのでしょうか?

 

当時、木下雄介投手は、

4月に右肩と右肘を手術されており、

リハビリをされてました。

6月28日には、

コロナのワクチン1回目を接種されたそうです。

 

息苦しさというところが、

ちょっと敏感に反応しすぎかもしれないですが、

ワクチン接種が影響しているのかなと思ってしまいますよね?

真相はどうなんでしょうか?




木下雄介投手の死因は?ワクチン?

木下雄介投手が1週間前にワクチン接種をしており、

息苦しさの末亡くなったことから、

もしかしたらこれはワクチン接種のせいではないか?

と噂になってます。

 

知べてみると、

予防接種から1週間は激しい運動を避けるよう勧告している。

出展:https://www.moh.gov.sg/

という情報がありました。

 

木下雄介投手は、

接種して翌日から運動をされていたそうなんです。

スポーツ選手の運動は激しそうですよね?

もしかしたら、身体にかなりの負担が

かかっていた可能性もありますよね?

因果関係はこれから発表されると思います。

 

ワクチン接種が心配な方は、

安易に怖いからと接種するのをやめるのではなく、

医師と相談してから検討してください。

素人判断で決めるのは得策ではないと思います。




木下雄介投手の死因は?持病?

木下雄介投手は27歳という若さですが、

なにか持病があったのでしょうか?

調べてみると、特になかったようです。

持病はないですが、怪我をされてました。

2020年、

一軍春季キャンプでの練習中に左足首を痛め、

腓骨筋腱脱臼と診断を受けて

同年3月10日に左脚腓骨腱の縫合手術を受ける

 

2021年、

3月21日のオープン戦中、

4球目を投じた直後に右腕を押さえて倒れ込み、

自力で動けずに担架に乗せられて退場。

右肩脱臼の重傷と判明

 

同年4月9日、

大阪市内の病院で右肩前方脱臼修復術を受け、

併せて右肘内側側副靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)も行われる。

 

怪我は多かったですが、

別段持病があったという情報はなかったです。




木下雄介投手の死因は?ワクチンとの関係や持病のまとめ

中日の木下雄介投手が突然死されました。

27歳という若さでのこの結果は、

ホントに無念でなりません。

 

木下雄介投手は怪我が多く手術もされてましたが、

持病などはなかったです。

そのため、

突然なくなったのはなぜなのか疑問が残ります。

偶然にも、

倒れる1週間前に予防接種を受けていました。

それが原因ではないかと噂が立ってますが、

因果関係は不明だということでした。